JTB

  • Our Story
  • 事業領域
  • サステナビリティ
  • JTBeing

MLB開幕戦公式観戦券付きホスピタリティ・パッケージ
ワールドツアーソウル・シリーズ発売開始

 株式会社JTB(以下「JTB」)は、ワールドツアー開幕戦となるロサンゼルス・ドジャースとサンディエゴ・パドレスが対戦するソウルでの試合について、メジャーリーグベースボール(以下「MLB」)との国際パートナーシップ締結後初となる、MLB公式観戦券付きホスピタリティ・パッケージ(※)を発売いたします。

※ホスピタリティ・パッケージとは:観戦チケットに飲食や体験などのホスピタリティサービスを組み合わせたパッケージのこと。


240208_13_image_01.png


 3 月20日・21日に、ソウルの高尺(コチョク)スカイドームで行われる2連戦は、さまざまな有名選手の出場が話題となっており、世界中から大きな注目を集めています。JTBではこの注目の一戦を現地にてお楽しみいただける観戦券付きホスピタリティ・パッケージを、214日(水)12:00より順次オンラインにて抽選申込受付いたします。


抽選申込受付期間:2月14日(水)12:00~2月18日(日)20:00まで

 

【ホスピタリティ・パッケージに含まれるもの】

 全てのパッケージに、試合観戦券(内野席)、観戦をお楽しみいただくためのギフト、ロッテホテルソウルでの昼食、試合会場までの往復送迎が含まれています。

 

【商品ラインナップ概要】

①JTB 『MLB ソウル・シリーズ』 JALで行く2試合観戦券付き公式ホスピタリティ・パッケージ 4日間

・日程:319日(火)~322日(金) 34日 【320日(水)・321日(木)の両試合を観戦】

・出発/到着地:東京(羽田空港)

・日本発着時利用航空会社:日本航空(エコノミークラス利用)

・利用ホテル:ロッテホテルソウル(メインタワー)スーペリアツインルームに3泊(朝食付き)

・旅行代金:728,000円(燃油込・空港諸税別、21室利用の場合の1名様の代金)

 

②JTB『MLB ソウル・シリーズ』 1試合観戦券付き公式ホスピタリティ・パッケージ 3日間

・日程:

319日(火)~ 321日(木)【320日(水)の1試合を観戦】

320日(水)~ 322日(金)【321日(木)の1試合を観戦】

・出発/到着地:東京(羽田空港)

・日本発着時利用航空会社:

319日出発 ―大韓航空(エコノミークラス利用)

3月20日出発アシアナ航空(エコノミークラス利用)

・利用ホテル:ロッテホテルソウル(メインタワー)スーペリアツインルームに2泊(朝食付き)

・旅行代金:両出発日とも498,000円(燃油込・空港諸税別、21室利用の場合の1名様の代金)

 

 

【お申し込み・商品詳細】

 本商品はすべてオンラインにて抽選申込受付となります。 店舗およびコールセンター、JTBリモートコンシェルジュでの受付はいたしません。お申込み方法や商品概要につきましては、下記専用サイトにてご確認ください。

URL: https://www.jtb.co.jp/kaigai/mlb/

※なお、各商品情報の詳細は、2月9日(金)13:00以降 に上記の専用サイト内に公開予定です。

 

 

 JTBグループは世界35カ国・地域に159の拠点を持ち、日本のみならず世界各国・地域からの旅行を取り扱っています。近年はスポーツホスピタリティ事業に注力しており、幅広いスポーツイベント取扱実績による知見と海外拠点網の強力な連携により、多くのお客様にきめ細やかなサービスを提供しています。MLBとのパートナーシップ締結で実現した今回の観戦券付きホスピタリティ・パッケージがお客さまにとってかけがえのない体験となりますよう、グループ一丸となって取り組んでまいります。

(会社情報:www.jtbcorp.jp/jp/)

240208_13_image_02.png

 

 

 


*メジャーリーグベースボールの商標および著作権は、MLBの許可を得て使用しています。MLB.comをご覧ください。
Major League Baseball trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball. Visit MLB.com.

■一般のお客様からのお問合せ先
JTB 『MLBソウル・シリーズ』 コールセンター
TEL:050-3358-4445 (10:00~18:00) 
開設期間: 2月8日(木)~2月26日(月)
■報道関係の方からのお問合せ先
JTB広報室 TEL:03-5796-5833(東京) 06-6260-5108(大阪)

記事一覧へ戻る