JTBグループにおけるサステナビリティ

マネジメントメッセージ

JTBグループの社会的責任は、「地球を舞台に人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献する」ことです。

そのために私たちは、自然、文化、歴史とのふれあいや人々の交流を創造し、お客様にとっての感動や喜びと成果の実現を追求します。また、お客様と共に歩んできた100年を大切にし、「価値ある出会い」を創造し続け、サステナブルな社会の発展に貢献します。

これからも、「感動のそばに、いつも。Perfect moments, always」をスローガンに、世界観、価値観の変化を敏感に感じ取り、デジタル基盤の上にヒューマンの力を生かして人の笑顔と夢をつなぐ、新しい交流時代を切り拓く企業グループを目指します。

株式会社JTB
代表取締役 社長執行役員 山北 栄二郎

JTBグループのサステナビリティにおいては、従来からのCSR活動に加え、特に国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)に対する貢献に取り組みます。

ステークホルダーの皆様からの期待や課題を様々な対話を通じて把握し、SDGsに取り組むことで地球・社会と共生し続けられるレベルへ、経営と事業を磨き上げていきます。

JTBグループの様々な事業特性に応じて、17の目標とそれらを達成するための具体的な169のターゲットのすべてに関わることを基本としつつ、特に共感頂けるパートナーシップを通じて、日常と非日常のあらゆる場面で、すべての人々が輝き続けることを応援し、持続的に自然や文化の魅力が最大限に活かされ、人々の相互理解につながる交流の場所と機会を創造し続けます。

株式会社JTB
取締役 常務執行役員 SDGs推進担当 小林 高広

サステナビリティ推進体制

JTBグループは、持続可能な社会への貢献を通した企業価値の向上を目指して、サステナビリティ委員会を中心に取り組みを推進しています。

JTBグループは、グループブランド体系「The JTB Way」のもとに、「地球を舞台に、人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献する」ことを経営理念としています。
お客様にとっての感動や喜びと成果の実現を追求し、これからも「価値ある出会い」を創造し続け、サステナブルな社会の発展に貢献します。

サステナビリティ委員会

サステナビリティ委員会では、各部署を横断した担当者が集まり、グループのサステナビリティに向けた戦略の構築、目標設定および、進捗管理を行っています。
また、社内浸透に向けた取り組みの共有や議論も行っています。

サステナビリティの浸透に向けて

サステナビリティの実現には、まずグループ全従業員の理解が不可欠です。グループ全従業員を対象とした研修や、グループ内の取り組み共有などを定期的に行っています。