2019年11月30日(土)

高知県四万十町〜黒潮町

お遍路体験と黒潮町海辺の美化活動&防災学習プログラム

活動日 2019年11月30日(土)
活動場所 高知県四万十町〜黒潮町
発着地 高知市
募集人数 40名
概要 「四国遍路」の世界遺産登録に向けた活動の一環として、お遍路体験と海辺の清掃活動を実施しました。また、その海岸で、自然の一員であることを認識する防災についても学びました。
協力団体 岩本寺、黒潮町観光ネットワーク、黒潮町連合婦人会、(株)城西館
募集チラシ ダウンロード[PDF 535KB]
担当者からのメッセージ ここ数年実施し好評いただいている、四国八十八ケ所の数カ寺を巡る歩き遍路体験をもとに、昨年度実施した海辺の清掃活動も継続活動としました。
さらに本年度は、昨今多発する自然災害に対し、各々の「防災意識の向上」を狙った防災学習プログラムも設定しました。
お問い合わせ先 JTB 高知支店 担当者:小澤則夫 TEL:088-823-2331 休業日:土・日・祝日・年末年始(12/30〜1/3) 営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

13kmの歩き遍路は、お遍路をされている方のご苦労が、身を以って体験できました。また、車では何度か通った道ですが、歩くのは初めてで、歩きならではの様々な気づきもありとても勉強になりました。婦人会の手作り弁当もとても上品でおいしかったですし、何といっても自然と一体となって清掃活動が出来て、すがすがしい気持ちになれました。来年も是非参加させていただきたいと考えています。
(30代女性)

協力団体の声

遍路道を歩きながら地域を知り、参拝をする事で心身が清められました。また、清掃活動を行う事で、地球をきれいに、地域をきれいにすることが出来ました。そして、地域の食材をふんだんに使った婦人会の手作り弁当は最高に美味しかったです。
今回、南海トラフ大地震に備えていま私たちにできることは何だろうか、そして実際に起こった時にどう行動をするべきなのか考えさせられました。「自分の命は自分で守る」ことができるように日々、過ごしていかなければならないと思いました。
(岩本寺様/集落活動センターであいの里蜷川様/黒潮町観光ネットワーク様/(株)城西館様)

担当者の声

11月30日、七子峠から岩本寺へ向けてスタート、先達の方と歩きながら、たくさんの学びがありました。お寺に到着後、参拝、祈祷を済ませ、入野の浜へ向かいました。婦人会手作りのお弁当をいただいた後に、海辺の清掃活動を実施し、短時間ではありましたが、たくさんのごみを収集することができました。その後、南海トラフ大地震に備える講話とワークショップを受け、命を守るためにこれから私たち自身ができることを考え、有意義な一日となりました。
天候にも恵まれ、参加者皆様の協力により無事終了出来たことに感謝し、次年度以降も必ず実施したいと思います。

プログラムの様子