2019年7月7日(日)

新島

〜クイーンズしろやまで行く新島清掃活動〜
無人島・新島 クルージング

活動日 2019年7月7日(日)
活動場所 新島
発着地 鹿児島港
募集人数 40名
概要 新島は2013年より無人島となっていたため、塗装された道路の上に土が溜まってしまい、通行の妨げになっていました。今回は、港近くの道路を中心に土を移動させる作業を行いました。その他にも、せっかく新島を訪れたので、“NPO法人ふるさと再生プロジェクト様”にて島内ガイドを開催いただき、島について知見を深める機会となりました。
協力団体 クイーンズしろやま、NPO法人ふるさと再生プロジェクトの会、ジオパーク推進室協議会
募集チラシ ダウンロード[PDF 614KB]
担当者からのメッセージ 今年度JTBが取り組む"日本の旬 国立公園"の一環として、地元にある霧島錦江湾国立公園の中にある新島をピックアップしており、これからの新しい鹿児島の観光素材となり得る新島を今よりもさらに綺麗にし、より多くの人が訪れる地盤を作るために本活動箇所として選定しました。
鹿児島に住んでいる方にも認知度が低い島なので、地元の方にも知っていただく機会にしたいと考えています。
お問い合わせ先 JTB 鹿児島支店 担当者:馬越一喜 TEL:099-226-1515 休業日:土・日・祝日 営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

新島を訪れるのは初めてでした。このプロジェクトは年齢制限がなく、小さなお子さんから高齢者まで参加できて、知らない者同士だったですが、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しかったです。
作業は大変でしたが、若い方と交代したりして、無理なくできました。お弁当がとても美味しかったですし、帰りは錦江湾のイルカも見られてとてもいい経験ができました。ありがとうございました。(60代女性)

協力団体の声

新島は2013年に無人島となり、そこから荒廃が進んでいきました。ふるさとが荒廃していく姿を見かねて清掃作業を始めました。獣道だった道路を皆の手で藪払いした結果、以前までとはいきませんが、現在はきれいな道を維持・管理することができています。
ただし、これからも維持・管理していくためには多くのボランティアの方にお手伝いしていただく必要があるので、今回のような取り組みが1つでも多く開催していただけるとありがたく思います。
(NPO法人ふるさと再生プロジェクト 東道也様)

担当者の声

新島は“桜島・錦江湾ジオパーク”の中に含まれる島であり、今後マリンアクティビティなどの観光地としても活用される可能性がある話題の島です。ですが、まだまだ認知度は低く、そんな新島を県内の方々にもっと知っていただきたいと思い、今回各協力団体のご協力のもと無事実施することができました。
参加者からは「新島は初めてでしたが、清掃活動や自然体験(めずらしい植物や、貝殻などを見ること)もできてとてもよかったです」とコメントをいただき、本プロジェクトの成果を感じることができました。

プログラムの様子