ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

第7回スポーツGOMI拾い大会 in TAMA

活動日 2018年11月18日(日)
活動場所 東京都多摩市(永山)
概要

「ごみ拾いはスポーツだ!」を合言葉に、5人1組で、制限時間内に、定められたエリア内で力を合せてゴミを拾い、その質と量をポイントで競い合う、環境に最もやさしいスポーツ。今年度は、JTBグループ社員が教育研修で使用するJTB FORESTAがある永山で開催し、更に地域とのつながりを深めました。

協力団体 日本スポーツGOMI拾い連盟、多摩センター地区連絡協議会、多摩市
お問い合わせ先

JTB 情報システム
担当者:野下勝
TEL:03-6367-6310
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:15〜18:00

参加者の声

一度参加したら、子供のほうから「次回も参加したい!」と言われるようになりました。また、スポーツGOMI拾いに参加してから、道を歩いていると、子供から「ごみが落ちてるね」と言ってきたり、きちんとごみをゴミ箱に捨てるようになったりと、子供の教育的にもよい面があったと感じています。
(30代女性)

協力団体の声

企業の地域貢献の形として、毎年、自治体と連携して大会を開催されていることは、素晴らしいと感じました。
JTB様の恒例イベントとして多摩市に根付いてきている感じがします。
当日は天気にも恵まれ、参加者の楽しそうな笑顔が印象的でした。
(社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ(旧スポーツGOMI拾い連盟) 藤平様)

担当者の声

開催も7回目となり、地域に根付いた活動になっています。ごみを楽しみながら拾っていただくことで、地域やごみ問題について考えるきっかけ作りもなっていると感じています。お子様も気軽に参加できるため、家族で参加するアットホームな大会となりました。今後も工夫しながら、近隣の皆様と地域美化につながる活動を続けてまいります。

プログラムの様子

一覧に戻る