ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

コウノトリが降り立った田結湿地保全活動

活動日 2017年9月18日(月・祝)
活動場所 兵庫県豊岡市田結(たい)地区
概要

かつて野生下では姿を消した国の天然記念物のコウノトリ。その保護増殖と野生復帰の取り組みについて、「コウノトリの郷公園」で学びました。昼食は城崎温泉の西村屋ホテル招月庭のレストラン「Ricca」にて自慢のお料理を召しあがっていただきました。

協力団体 豊岡市
お問い合わせ先

JTB西日本 福知山支店
担当者:木俣勉
TEL:0773-22-5125
休業日:木・祝日
営業時間:10:00〜18:00

参加者の声

地球いきいきプロジェクトの取り組みはとても良いことだと感銘を受けました。
豊岡市のコウノトリ野生復帰に向けた様々な取り組みについての説明を聞けて、素晴らしいと思いました。田結湿地の保全活動が台風の影響で実施できなかったのはとても残念でした。少しでも保全活動に携わりたかったです。
(60代男性)

協力団体の声

今回のプログラム実施により、豊岡市のコウノトリと共に暮らせる環境への取り組みについて、ご参加いただいた方々に知る機会を作っていただき、大変感謝しています。台風の影響で田結湿地での保全活動をしていただけなかったのは本当に残念でした。
城崎温泉街散策や西村屋ホテル招月庭での素晴らしいランチをご準備いただき、ありがとうございました。
(豊岡市 コウノトリ共生部 コウノトリ共生課 井上浩二様)

担当者の声

コウノトリの野生復帰への取り組みは、コウノトリ‘も’住める自然豊かな環境を再生することが重要であるという考えに基づいていることです。そしてコウノトリと人間が共存できる環境作りのために始めた、できるだけ農薬を使わない農法で作ったお米が消費者に認められ、販売に繋がっていること等、豊岡市が力を入れている事について今回ご参加頂いた皆さんに知っていただけました。あいにく、台風による雨の影響で田結湿地への道路が通行止めになってしまい、湿地の保全活動は実施できませんでしたが、コウノトリの郷公園とバスの中で行った豊岡市のコウノトリ共生への取り組みの説明を通じて、その重要性は伝えられたと思います。

プログラムの様子

一覧に戻る