JTBグループのガバナンス

企業価値を向上させ、社会の期待に応えるために、
JTBグループは、健全で持続可能な経営を実現しています。

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの状況

当社グループは、持続的な成長と企業価値の向上を目指して、経営の監視・監督機能の強化、企業倫理の確立をはじめとするコーポレート・ガバナンスの充実に努めています。

内部統制システム整備運用状況

当社は、「内部統制システム構築の基本方針」を定め、同内容に沿って業務の適正の確保に努めております。

社会との信頼関係を構築するために

コンプライアンス

当社グループでは、「JTBグループ行動規範」を定め、社員全員が「公正」を重んじて行動します。
私たちは、The JTB Wayを実践するにあたり、「公正」を重んじて行動し、社会との信頼関係を築き上げることを誓います。
具体的には次のことを実行します。

  • 1.法令・社会規範を遵守し、公正で透明性のある企業活動に徹します。
  • 2.お客様の立場に立って、公正な取引を行います。
  • 3.事業パートナーと、公明・公正な方法で連携を深めます。
  • 4.競争会社と、公正に競争します。
  • 5.ステークホルダー(お客様、株主、従業員、社会、取引先など)に対し、迅速・正確・公正な情報開示と提供価値を高めることにより期待に応えます。
  • 6.よき企業市民として、社会の持続的発展や地球環境の保全に貢献します。
  • 7.自律した社員として、責任ある行動をとり、社会に貢献します。
  • 8.ダイバーシティを企業風土の中心に置き、より多様な価値観を尊重し、イノベーティブな会社になります。

リスクマネジメント

リスクを抽出して分析・評価・優先順位づけし、予防策・対応策を策定。評価および改善を繰り返し、リスクマネジメントサイクルを循環しています。

リスクマネジメント体制

当社内部統制委員会を中心に、グループのリスクを網羅的に把握し、全組織のリスクを包括して管理する体制を構築し、リスクマネジメントを継続的に推進しています。

危機管理体制

当社グループでリスクが顕在化して危機が発生した場合に、危機管理体制を統括する組織として事故対策本部を当社に設置し、迅速かつ的確な危機対応を行い、当社経営およびステークホルダーへの影響の極小化を図ります。

情報セキュリティ

情報セキュリティ規程に基づき、最高情報セキュリティ責任者(CISO)を最高責任者とする管理体制を整備しています。また、ビジネス環境の変化に対応し、情報セキュリティ規程を定期的に見直しています。

個人情報保護

「個人情報の保護に関する法律」および当社「情報セキュリティ規定」「個人情報保護マネジメントシステム綱領」に準拠して、お客さまの個人情報を次のとおり取り扱い、保護いたします。

EU一般データ保護規則(GDPR)対応

データ保護責任者を選任し、以下のような活動を行うことにより、GDPRを遵守する体制を整備しています。

  • 1. GDPR遵守状況のモニタリング
  • 2. データ保護影響評価の必要性助言と実行状況のモニタリング
  • 3. 平時、事故発生時を問わず、欧州監督機関との協力及び連絡先としての活動
  • 4. システム及び業務フローのGDPR対応優先順位策定と対応指示
  • 5. 個人情報取扱記録の保管指示と記録状況のモニタリング

ITセキュリティ

ITセキュリティに関しては企業としての社会的責任と考え、当社グループが取り扱う情報資産の機密性・完全性・可用性を維持するセキュリティを確保し、情報資産の保護と適切な安全対策を推進しています。