2019年10月5日(土)

門前仲町

パラスポーツでつながるみんなの輪!

活動日 2019年10月5日(土)
活動場所 門前仲町
発着地 門前仲町
募集人数 40名
概要 株式会社CAC Holdings様にご協力いただき、東京2020パラリンピック競技である「ボッチャ」を実際の試合形式で体験しました。
ボッチャは、ジャックボールと呼ばれる白い目標球に、ボールをいかに近づけられるかを競う、老若男女・障がいの有無を問わずに誰もが楽しめるパラスポーツです。
今回の体験を通して、来年の東京2020パラリンピックをより身近に感じることができました。
協力団体 東京ボッチャ協会、株式会社シーエーシーボッチャ支援事務局
担当者からのメッセージ 昨年初めて主催をし、障がいの有無関係なく交流できる場を設け、参加者全員を笑顔にすることができました。参加者のみなさんから楽しかった、またやりたいというお声をいただき、特例子会社としてパラスポーツの魅力を伝えることができ、社員の自信にもつながりました。今年度は参加者のみなさんに、体験だけではなく、戦略と技術で競う楽しさを実感してもらいたいと思います。
お問い合わせ先 JTBデータサービス 担当者:大橋美子 TEL:03-5646-6750 休業日:土・日・祝日 営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

過去にボッチャを体験したことがあり、またやりたいと思っていたので今回このプロジェクトに参加しました。子供から大人まで、障がいも性別も関係なくできるボッチャは本当に楽しく白熱した試合となりました。いつも話さない人ともボッチャを通して交流できて楽しかったです。また参加したいです。
(30代女性)

担当者の声

今年はチーム対抗戦でボッチャを実施いたしました。協力団体様ご指導の下、また参加者の皆様のご協力もあり大変盛り上がり楽しんでいただけました。ボッチャを通じてコミュニケーションや団結力が生まれ、みんなが笑顔になれる素晴らしいスポーツなのだと体験し改めて実感しました。2020パラリンピックに向けて今後更に盛り上げていきたいと思います。ボッチャの後は越中島橋の清掃をし、無事に終える事ができました。

プログラムの様子