ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

【魚津市】とやまの森づくり体験

活動日 2018年9月29日(土)
活動場所 富山県魚津市
概要

富山県は県土面積の約67%を森林が占め、植生自然度においては本州で第1位の自然豊かな県です。今回は第68回全国植樹祭の式典及び植樹会場となった魚津桃山運動公園で開催する、「とやま森づくりボランティアの集い」に参加し、植樹活動を行いました。また、併せて、全国植樹祭の開催意義を後世に伝えるために建立された「御製碑」や、お野立所に用いた部材を再利用した屋外ステージを見学しました。

協力団体 とやまの森づくりサポートセンター
お問い合わせ先

JTB 富山支店
担当者:谷口能弘
TEL:076-431-7581
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

協力団体さんの説明のおかげで森の大切さの知識が高まり、実際にクリやコナラの木を植えることにより、貢献できている実感がわきました。貴重な経験をありがとうございました。 (70代女性)

協力団体の声

「第68回全国植樹祭とやま」の植樹会場で開催した「とやまの森づくりボランティアの集い」にご参加いただき、森林ボランティアの皆さんと一緒に植樹活動などを行っていただきました。森づくり活動の大切さをご理解いただくとともに、参加者同士の親睦や交流を深めていただけたのではないかと思います。今後も楽しく森づくり活動に関わっていただきますようお願いいたします。
(公益社団法人富山県農林水産公社 とやまの森づくりサポートセンター主任 土原昌弘様)

担当者の声

台風接近により開催が危ぶまれましたが、不参加者も無く、植樹活動時は雨も止み、無事終える事ができました。天皇皇后両陛下が来県された昨年の全国植樹祭の印象も県民の方には強く残っており、中々経験出来ない植樹活動も体験出来、森づくりへ意識が高まったと実感します。とやまの森づくりサポートセンターに登録し、継続的に関わって参ります。

プログラムの様子

一覧に戻る