ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

美ら海慶良間−海と島がつくるケラマブルーの世界−

活動日 2018年3月4日(日)
活動場所 慶良間諸島(座間味島、渡嘉敷島)
概要

2019年の「日本の旬国立公園」として予定されている慶良間諸島国立公園にて、ビーチクリーンや自然体験等を通じて、慶良間諸島の自然の素晴らしさや海洋環境保全の意義や大切さについて学びました。そして、沖縄が世界に誇るナショナルパークとしての価値を体感すると共に、今後のコンテンツ開発等に向けた地域との交流を図りました。

協力団体 チームけらま、座間味村、渡嘉敷村、座間味村商工会、渡嘉敷村商工会、座間味村観光協会
お問い合わせ先

JTB沖縄 交流営業部 交流営業課
担当者:池原、喜納、溝口
TEL:098-860-7704
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:15〜17:45

参加者の声

観光地として人気のある阿波連ビーチの清掃に参加できよかったです。
今回、家族で参加し、日頃から地球環境について話をしますが、実際体験することが子供の教育になることを実感してます。
来年も宜しくお願いします。楽しみにしております。

協力団体の声

今回、ビーチクリーンを一緒にすることができてよかったです。全体で136名の参加のうち、JTBから約40名も参加していただき、とても盛り上がりました。この取り組みは、毎年3月5日(サンゴの日)にちなんで実施していますが、ぜひ今後とも連携できればうれしいです。また、慶良間諸島への観光だけではなく、環境についても一緒に取り組んでいければと思います。
(一般社団法人チームけらま 渡嘉敷村商工会青年部 中村隼人様)

担当者の声

今回、地域の若い世代が中心となって行っているビーチクリーン活動への参加や、集落散策やネイチャーハイキングなど海ではない陸域のプログラムを体験することができ、多様な方々との交流や慶良間諸島の自然・文化・歴史など様々な環境について考える有意義な機会となりました。特にビーチクリーンでは、思っていた以上に多くのゴミを回収することもでき、本活動を通じた地域貢献にもつながったのではないかと思います。地域とのご縁を大切に、今後も活動を広げていきたいです。

一覧に戻る