ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

猪の瀬戸湿原清掃活動と地獄蒸し料理体験

活動日 2017年12月3日(日)
活動場所 猪の瀬戸湿原、志高湖、神楽女湖
概要

阿蘇くじゅう国立公園内に含まれる「猪の瀬戸湿原」にて、清掃活動を行いました。阿蘇くじゅう国立公園は、2016年4月に環境省によって「生物多様性保全上重要な地域」に選定されており、この地域を守るために必要なのが毎年春先に行われる「野焼き」です。今回のツアーでは、その野焼きを行う前の清掃活動でした。

協力団体 大分県自然保護推進室、環境省・阿蘇くじゅう国立公園くじゅう管理官事務所
お問い合わせ先

JTB九州 大分支店
担当者:山口裕也
TEL:097-534-7151
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

・地域貢献や地元別府を元気にする活動に興味があったので参加できてよかったです。
・普段からエコツアーに興味がありましたが、今回は食事や猪の瀬戸湿原の保全の会からの説明や植物の説明などもあったので、とても楽しみながら参加することができました。

協力団体の声

猪の瀬戸湿原は阿蘇くじゅう国立公園内にあり、現在「阿蘇くじゅう国立公園満喫プロジェクト」を実施しています。そのプロジェクトの一環として非常に有意義なツアーであり、このような取組を旅行会社でしていただけることは大変ありがたいです。環境保全の観点からも、地域貢献の観点からも満足度の高いツアーでした。
(大分県生活環境部 自然保護推進室 主査 井上耕介様)

担当者の声

猪の瀬戸湿原は別府観光をされる観光客が多く通る道路沿いに面し、トレッキングなどのお客様が非常に多い場所です。しかし、車中ごみの投げ捨てが多く、トレッキング客などが不愉快な思いをする場所でもあります。定期的に保全の会が清掃をしていますが、今回一般の方やJTB社員にもその現実を見て知っていただき、大量のごみ拾いも実施してもらえたことは、猪の瀬戸にとっても県にとっても貢献できた事業になったと思います。

プログラムの様子

一覧に戻る