ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

首都圏の水がめ 群馬県みなかみ町「矢木沢ダム」クリーンアップ大作戦!

活動日 2017年9月30日(土)
活動場所 群馬県みなかみ町(矢木沢ダム)
概要

私たちの生活になくてなならない水。首都圏の水がめである「矢木沢ダム」を見学し、感謝をこめて清掃するプログラムでした。普段、入ることのできない点検用のトンネルを通り、ダムの直下から見上げる景色は圧巻。昼食は今話題のダムカレーをいただきました。バスの中では、ダム王子 琉氏がダム解説をしてくれました。

協力団体 独立行政法人 水資源機構、インフラツーリズム推進会議 、一般社団法人みなかみ町観光協会
お問い合わせ先

JTB関東 水戸支店
担当者:西島佳子
TEL:029-225-5233
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

今回、JTBいきいきプロジェクトに初めて参加しました。大人の社会科見学のようで、2つのダムの見学だけではなくダムに精通している方のお話しを聞く事ができ、ダムの魅力を知る事ができました。
また、清掃活動をして微力ではあるが現地の方に喜んでもらう事ができ、嬉しかったです。
このプロジェクトを通じて現地の方だけではなく、当日初めて会い、参加した人同士もバス車内で話をしたり、歩きながらダムの話をしていたりお客さん同士もつながっていったように感じました。
ただ観光する旅行でなく、地域の方の力になれるこのような旅行は新しい旅の形としてとても魅力的だと感じ、これからも参加したいと思います。
(30代女性)

協力団体の声

ダム管理所における見学時間が短く、矢木沢ダムの概要(役割など)を伝える時間が十分には確保できませんでしたが、現地にて実際に普段見ることのできないダムを見ていただき、参加者にダムの役割や壮大さについて実感していただけたと思っています。
また、ダムなどのインフラを通じて、水機構の業務や各施設の役割等について一般の方にご理解いただくためにも、今回のような取組を積極的に行っていきたいです。
(独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所  総務課長 花田俊幸様)

担当者の声

独立行政法人 水資源機構の多大なご協力を得て、今回の清掃活動を実現することが出来ました。私たちの生活になくてはならない水。普段あまり意識することのない首都圏の水がめである「矢木沢ダム」を見学し、担当者からダムの役割を説明いただき、感謝をこめて清掃活動を行いました。首都圏からの参加者とダムがあるみなかみ町との交流を生むことにもつながりました。

プログラムの様子

一覧に戻る