ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

高丸山の豊かな自然にふれる〜森と人の共生をめざして〜

活動日 2017年8月27日(日)
活動場所 徳島県勝浦郡上勝町
概要

高丸山は那賀町と上勝町の境にあるブナ等の自然林に覆われた標高1,438mの山です。高丸山のブナ林は、太平洋岸に発達する典型的なブナ・スズタケ群落に属し、高丸山の世代を超えた永続的な森づくりは全国的にも注目されています。今回は森林保全活動についての理解を深めた後、落ち葉を使った押し葉はがき作りをしました。また、周辺地域の散策や弘法大師様ゆかりの湯・月ヶ谷温泉での日帰り入浴を楽しみ、上勝町の魅力を再発見しました。

協力団体 一般社団法人かみかつ里山倶楽部・一般社団法人徳島県森林協会
お問い合わせ先

JTB中国四国 徳島支店
担当者:坂東
TEL:088-623-1237
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

今回初めて参加しました。押し葉ハガキ作りも楽しく、普段はじっくりと道端に咲いた草花を見ていなかったんだなと感じました。上勝町を訪れて、「徳島にもこんな素敵なところがあるのか、やるじゃないか。」と感じました。
(40代女性)

協力団体の声

今回は年配の方からお子さんまで、幅広い年齢層の方が参加されていました。皆さんが写真や体験を通じて、県立高丸山千年の森の取り組み、人工林について学んでいただくことができたのでは、と感じています。参加された皆さんには、これからも身近にある植物から、自然や森に意識を向けてもらうことができればと思います。 (一般社団法人かみかつ里山倶楽部 原田寿賀子様)

担当者の声

「千年の森ふれあい館」にて、森づくりには植樹、草刈り、動物からの森林保護など様々な手段があり、木を育てることだけが森づくりではないことを教わりました。また、年間を通して行われる森林保全活動についても写真を交えながらわかりやすく説明していただきました。自然豊かな町を散策し、心と身体をリフレッシュしていただくとともに森林保護についての理解を深めていただく機会となっていれば嬉しいです。

プログラムの様子

一覧に戻る