ABOUT JTB

交流創造01

ツーリズム

TOURISM

行く前も、行った後も、
旅にする。

ツーリズムは、JTBグループにおける交流創造事業の基盤。ビジネスモデルの革新を通じて、お客様の実感価値を高めるための挑戦が行われています。その中心にあるのはDX。ツーリズムにまつわるすべてをデジタルで有機的につなげ、旅に出る前も、旅のあらゆるシーンも、さらに旅の後の日常でも、お客様の快適・最適を追求しています。さらに、地域活性化や教育活動のサポートなど、幅広い分野でソリューションを提供しています。

旅マエ

旅行の魅力を向上させる商品開発

旅行の魅力を向上させる商品開発を行っています。たとえば、本物の火を灯す新潟県津南町のランタン打ち上げを、地域との協力でオリジナルイベントとして企画。旅行商品に組み込みました。こうした「着地型商品」や「エリア型・テーマ型商品」の開発・拡充にも力を入れています。

チャネルやツアーの自由度向上

旅行方面ごとの専門スタッフによるコンサルティングをオンラインで提供。旅の目的に合わせてツアーをアレンジできる「JTBMySTYLE」などのサービスも充実。Webを基点にお客様との接点を増やすことは、データの蓄積によるお客様理解の促進にもつながります。

旅ナカ

アプリによる旅のサポート

JTB公式「旅行検索・予約確認アプリ」は、「旅マエ」の検索や予約はもちろん「旅ナカ」のサポートも充実。旅行内容の確認や日程表の閲覧、メッセージの送受信をはじめ、国内旅行ではきっぷ受け取りやクーポン取得・表示、海外旅行ではEチケットや緊急連絡先の表示も可能です。

電子クーポンで自由な観光体験

Webサイト「旅の過ごし方」では、JTBオリジナルの「漫喫クーポン」を提供。対象エリアの「観る」「食べる」「体験する」といったさまざまな楽しみを、クーポン1つで自由に満喫できます。お客様の体験価値を向上させることはもちろん、地域全体の魅力発信にも貢献しています。

旅アトの日常

旅や交流のギフト商品化

全国の名旅館・ホテルでの宿泊や食事、日帰り入浴など「暮らしを彩る旅への出発」をテーマに展開する「JTBえらべるギフトたびもの撰華」。世界の雑貨やグルメ、日本の伝統工芸品なども扱い、幅広いラインナップで、旅や交流をギフト商品として提供しています。

お出かけからライフスタイルまで

旅行ガイドだけでなく、日常のおでかけ情報も発信している「るるぶ」。女性向けのおでかけWEBメディアである「るるぶ&more.」や、「知る・つくる・学ぶ」という新機軸でライフスタイルを幅広くガイドする「るるぶ」の発刊など、チャレンジは広がっています。

旅から広がるソリューション

地域交流事業(観光振興・地域活性化)

観光を基軸とした交流人口の拡大を通じ地域課題を解決、その先での持続可能な地域づくりへの貢献を目指し、地域交流事業に取り組んでいます。地域の現状把握、課題抽出を起点とし、解決に向けた戦略の策定、プロジェクトの実施を経て、結果・効果を検証することを一連のサイクルとして推進しています。
今後JTBがより主体的に地域に関わっていくことを「地域交創プロジェクト」と表現しています。引き続き地域の方々と新たな価値創造を進めて参ります。

学校行事のトータルデザイン

教育現場への深い理解とソリューション提供力を活かし、未来の子供の成長に向けてあらゆる学校行事をトータルでデザイン。学校や地域の特性基づいて、修学旅行などの学校行事だけでなくキャリア教育などの教室外活動と教室内活動を体系的に組み合わせ、育みたい資質や能力の育成に貢献しています。
また、探求学習やキャリア教育、SDGs理解、グローバル教育など、テーマに即した教育プログラムの提供も行っています。

日本におけるツーリズム産業の
経済的な重要性

裾野の広さ

宿泊施設や旅行会社だけでなく、多くのステークホルダーで構成されています。

経済波及効果

旅行消費による日本国内の経済波及効果は多大です。
出所:観光庁「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究(2019年版)」

雇用創出

雇用誘発波及効果456万人は、全国就業者数の6.6%に相当します。
出所:観光庁「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究(2019年版)」

RECOMMEND

トップメッセージ
  • JTBの基本を知る
  • トップメッセージ
トップメッセージ
3分でわかる交流創造事業
  • JTBの基本を知る
  • 3分でわかる交流創造事業
3分でわかる交流創造事業
エリアソリューション
  • 交流創造02
  • エリアソリューション
エリアソリューション
ビジネスソリューション
  • 交流創造03
  • ビジネスソリューション
ビジネスソリューション