求人マイページ 『Club JTB』

就活では、こんなことがしたいという意志を持つこと。
それは必ず届きます。

体幹機能障がい

(株)JTB 本社CSR室 ※
人間環境学部 人間環境学科卒/2013年入社

羽野 雄貴

Yuki HANO

※2018年3⽉まで(株)JTB中国四国 本社CSR室

入社のきっかけ

大学在学中は、接客業のアルバイトを4年間続けました。幼いときから対人関係に苦手意識があり、少しでもよくしようと思ってあえて選びました。おかげで人との関わりがとても楽しいと思えるようになり、人と直接関わる仕事ができるという自信も生まれました。JTBを選んだのも、そんな理由からです。JTBはお客様の希望を聞き、希望に沿った旅行を提供する会社。「お客様のために」を常に考え続けているというところに、一番魅力を感じました。

入社のきっかけ

私の仕事

個人情報保護法を含めあらゆる法律を遵守しながら、ビジネスを行っている
JTB。そのなかにあってCSR室は、様々な法律に基づいて社内規程やマニュアルを作成しています。このCSR室をフォローすることが私の業務です。具体的には、各種規程類・マニュアル・ガイドラインなど重要資料の作成から、CSR室のホームページのメンテナンス・更新作業等の業務まで、「マルチタスク(複数の業務を同時あるいは並行して行うこと)」で対応しています。
上司や先輩に言われるまま仕事をしていた入社1年目に比べて、今はCSR室のメンバーが業務に活かせることを意識しながら資料を作成するようになりました。実用的な資料をつくるためには、ただ完成版を上司に報告するのでなく、自分の思いや考えを随時報告、上司との意思疎通することが大事です。作成した資料を上司に最終確認してもらい、評価されたときには、大きなやりがいを感じます。
環境については、特別なサポートを必要しない業務を担当するよう配慮してもらっているので、不都合は感じません。もちろん、重い物を運ぶときなどは声を掛けるとすぐに手を貸してくれます。とても働きやすい職場環境だと思います。
法務関係の知識が必要な部署なので、今後はさらに知識を身に付け、社内の他部署からの問い合わせに答えれるようになりたいですね。

私の仕事

就職活動をしているみなさんへ

自分で限界を決めないことが大事だと思います。身体がどんなに不自由でもできないことはそんなに多くありません。必要なのは「この会社でがんばりたい」「この会社でこういうことがしたい」という強い意志を持つこと。その強い意志は必ず会社に届きます。そして、会社はその思いに応えてくれると信じてください。
自分自身を知り、それをさらけ出し、最後まであきらめないで就職活動に挑んでください。

就職活動をしているみなさんへ