ホームJTBグループ企業>株式会社JTB情報システム

グループ企業ロゴ

株式会社JTB情報システム

JTB SYSTEM SOLUTION, inc.

プラットフォーム・シェアードサービス事業会社群

私たち株式会社JTB情報システムは、JTBグループのシステム企画、開発、運用を担う会社です。

JTBのシステム化の歴史は古く、1960年代にはクーポン券、チケット類の精算システムを稼働させており、その後業界初のオンライン予約システムを実現しました。
1974年にはJAL、ANA等の国内航空会社とのシステム結合を、1980年には国鉄(現JR)の予約システム(MARS)との結合を、さらに同年、従来手書きであったクーポン券の自動発券を実現しました。

ますます高まるシステム化ニーズに対応するために、JTBでは1984年2月、わが社の前身である「株式会社JTBソフトウェアサービス」を設立、1998年4月に現社名となり、その業容は拡大の一途を続けています。

私たちは、業界に先駆けたさまざまな開発や運用に取り組んでいくなかで、システムベンダーとしての役割にとどまることなく、ビジネス上の課題を根本的かつ総合的に解決することを目的とした企画分野にも主体的に参画し、JTBグループ全体のシステム戦略を牽引する傍ら、総合旅行業システムのパイオニアとして進化してきました。

JTBグループでは2020年に向けた計画のなかで、ITに関する戦略を「IT Vision 2020」として経営上の重要課題の一つと位置付け、激変するマーケットニーズに対応しうるビジネスモデルを実現するために、さらに柔軟で機動性の高いシステムの構築をめざしています。その一方、積極的に最新のIT技術やデバイスを研究・採用し、旅行営業部門と共同で新規事業を展開する試みも始めており、実際に観光振興や地域活性化活動に結びついた事例も生まれています。

システムの仕事は想像以上に人間的なものです。そこではあらゆるサービス業と同様、コミュニケーションが重要であり、組織内の風通しのよさが欠かせません。そのための活動の一環として、社内で「ダイバーシティ」や「ブランディング」の推進に取り組んでいます。また制度面では、育児・介護以外にも社員がさまざまに抱える事情を乗り越えて仕事を継続できるような「短時間勤務制度」も導入しています。

私たち一人ひとりが持てる能力を最大限に発揮し、お客様の抱える課題を解決するためには、ときに互いにぶつかり合ってもそれがゆくゆくは信頼につながる、そのような仕事ができる集団をめざしたいと考えます。

代表取締役社長 川並 和幸

経営理念

私たちJSSは、スピードと改善意識を大切にしたITサービスのプロ集団です。
プロとしての誇りをもって、ITサービスの提供を行い、旅行業システムの
パイオニアとして、「交流文化事業」の発展に貢献していきます。

会社概要

会社の商号 株式会社JTB情報システム
(英文名:JTB SYSTEM SOLUTION, inc.)
本社所在地 〒140-0002東京都品川区東品川2-3-14 東京フロントテラス14階
設立年月日 1984年2月27日
資本金 1億円(授権資本2億円)
株主 株式会社ジェイティービー
代表者 川並 和幸
従業員数 455名(2017年4月1日現在)
売上高 100億7300万円(2016年3月期実績)
私達がお客様に約束する事 ・ITサービスの品質向上を通じて、コストパフォーマンスの最大化に貢献します。
・情報の価値を高めることに努め、お客様の「価値ある出会い」の創造に貢献します。
・最新の技術習得と旅行ビジネスへの理解を深め、常に価値ある提案を行っていきます。
事業概要 1.JTBグループにおけるIT戦略の推進
2.「TRIPS」、「POPS」など、JTBグループ基幹システムの開発・運用
3.JTBグループ各社の業務関連システムの開発・運用
4.旅行業向けオリジナルパッケージソフト「たび繁盛」の開発・運用・販売
5.パソコン・サーバなどのハードウェアや関連ソフトウェアの販売・導入支援
6.JTBグループ以外の旅行会社向け、ITソリューションの展開など
お問い合わせ 電話03-6367-6310

ニュースリリース

JTBグループ企業全ニュースリリースから抽出した検索結果を表示します。

求人情報