求人マイページ 『Club JTB』

JTBなら、第一志望の旅行業界で、
自分の可能性に挑戦できると感じました。

右上下肢障がい

(株)JTB 虎ノ門第二事業部 営業推進課 ※
文学部 中国文学科卒/2014年入社

増田 ゆき美

Yukimi MASUDA

※2018年3⽉まで(株)JTBコーポレートセールス 虎ノ門第二事業部 営業推進課

入社のきっかけ

就職活動をするにあたり、私の第一志望は旅行業界でした。しかし障がいのこともあり、事務職の方が良いと考え、最初は事務職を募集している別業界の企業説明会ばかり参加していました。ですが大学時代に所属していた書道部で、合宿の企画や運営を経験したときに感じたやりがいが忘れられず、やはり旅行業に就きたいと思うようになり、JTBサミットに参加しました。そこで、人事の担当者から「私たちの会社は様々な障がいを持った方達がイキイキと働いています。またサポート体制もありますので安心してください」と言ってもらいました。話をするうちに、自分の可能性に挑戦できる会社だと感じ、この会社で働こうと決意しました。

入社のきっかけ

私の仕事

法人をお客様とする現在の部署で、私は個人旅行の手配をはじめ、団体のお客様のチケットの手配や、クライアントが企画したキャンペーン当選者の旅行手配など、様々な業務を担当しています。
私は営業担当者をサポートする立場であり、お客様の反応をダイレクトに感じることはなかなかありませんが、どのようなことをしたらお客様に喜んでいただけるかをいつも考え、お客様目線に立ったきめ細やかな手配をすることを心がけています。そのため、やりがいを感じるのは営業担当者からありがとうと言われたときです。「お客様にとても喜んでいただきました。ありがとうございました」と笑顔で言ってもらえると、その先にいるお客様の笑顔が自然と浮かんできて、もっと頑張ろうと思います。
一緒に働いているメンバーは、障がいに関してとても理解があります。できること・できないことをしっかり言える雰囲気をつくってくれますし、何か困っていることがあれば必ず声がけをしてくれます。以前、パソコンにテンキーがあった方が良いという相談すると、次の日には用意されてました。私の障がいはあまり気づかれないことが多いですが、こんな風に自然とサポートしてもらえるので、いろいろなことに挑戦しようという気持ちになります。

私の仕事

就職活動をしているみなさんへ

私自身、就職活動をすることに様々な不安がありました。悲観的になり自信をなくしたこともあります。ですが障がいの有無に関わらず、どんな人でも可能性は無限大だと思います。常に自分にできる事やしたい事を考えて、自分を信じ、前向きな気持ちでいれば、必ず相手に伝わります。とても大変な時期だと思いますが、前向きな気持ちを持って頑張ってください。

就職活動をしているみなさんへ