新卒求人マイページ

FAQ

JTBグループ全般に関して

入社するにあたり、旅行業務取扱管理者の資格は必要でしょうか?
入社の際に資格は必ずしも必要ではありません。実際、入社後に取得する社員がほとんどで、取得に向けた研修や通信教育なども用意されています。すでに取得した方の努力はもちろん無駄にはなりませんし、JTBグループに対する強い意欲の表現として、評価させていただきます。
配属になってどのくらいの期間で、異動になりますか?
「○年で異動」といった人事異動の決まりはありません。人によってサイクルは異なりますが、年間2回の上長との定期個別面談において、本人のキャリアビジョンを伝える機会が用意されています。
海外で働くにはどうしたら良いですか?
大きく分けて3つの機会が用意されています。1つ目は、海外事業会社に直接入社することが可能です。海外事業会社1社が求人活動を実施しております。2つ目は、入社後公募制度を活用することが可能です。グローバルチャレンジや海外派遣研修員制度などを活用し、自らの意思で海外事業会社へチャレンジすることが可能です。3つ目に人事異動に伴う機会です。自らの意思と適性などにより、海外事業会社で働くことが可能です。
女性社員の割合はどれくらいいますか?
事業会社により異なりますが、全社員のうち約60%が女性社員で、国内事業会社のマネージャーの40%ほどが女性社員です。今後、この割合はますます大きくなると思います。
社風を教えてください。
JTBグループの企業風土、カルチャーの基本はダイバーシティです。その推進に向け、役職を問わずすべての社員の行動指針として3つの“アクションポリシー”があります。
「OPEN~外に目を向けよう。お客様の声を聞こう。異なる意見から学ぼう。」「CHALLENGE~一歩踏み出そう。失敗を恐れずにいこう。前例を超えていこう。」「FUN!~楽しもう。喜びを共有しよう。褒めあおう。」。これらを社員一人ひとりが意識、実行することで、多様な人財が集い、イノベーションを生み出すカルチャーを醸成しています。
入社前に何かしておくべきことはありますか?
「特別にこれだけはしておいてください」ということはありません。部活でも、学業でも、アルバイトでも何でも良いですが、一生懸命に取り組むことが大切です。そこから得る経験は、全てこれからの社会人生活において役に立つ事ばかりです。また、思う存分楽しんで欲しいと思います。私たちの仕事は、お客様に夢や喜び、そして感動を提供するビジネスです。楽しみ方をたくさん知っている人こそ、心からのおもてなしができると思います。

求人・選考について

『Club JTB』の会員登録をしたのですが、メールが届きません。
メールアドレスを誤って登録されている事が考えられます。『Club JTB』の問い合わせフォームよりご連絡ください。
短大生・専門学校生は応募できますか?
事業会社・コースごとに応募条件が異なります。
詳細は、求人ホームページ内の募集要項をご確認ください。
資料を送ってもらいたいのですが。
申し訳ございませんが、個別の発送は行っておりません。
会社説明会では試験・面接などはありますか?
ございません。説明会はあくまでも会社を知っていただくためのものです。話を聞いて、興味を持っていただけたら、応募(エントリー)をしてください。
エントリーシートはどのように提出するのですか?
3月1日(月)以降に『Club JTB』マイページ 内にてコースをご選択ください。応募する事業会社・コースごとにエントリーシートのご入力が可能となります。
「総合職」コース・「基幹職」コースを併願することはできますか?
はい、併願可能です。
WEB選考(エントリーシート・適性検査)の合否通知はどのように行われるのですか?
応募された各社よりコースごとに合否通知を行います。
※詳細は「選考フロー」でもご確認ください。
既卒者ですが、応募はできますか?
各事業会社により異なりますので、求人ホームページの募集要項を確認ください。
留学生・外国人採用はありますか?
「留学生・外国人」別枠の求人活動は行っておりません。応募を検討していただいている学生の皆さんに対して、同じ条件で募集しております。海外事業会社による求人活動も行っております。
動画や面接において、服装の指定はありますか?
原則、指定はございません。面接官はクールビズスタイルを基本としております。迷われた方はスーツのご着用をおすすめします。

障がい者雇用について

障がい者手帳をもっていませんが、障がい者求人で応募できますか?
はい、できます。
ただし、入社までに障がい者手帳を取得いただくことが条件となります。
他の社員は障がいについての理解はありますか?
障がいの状態や必要な配慮はお一人お一人違うため、必ずしも全ての理解ができているわけではありません。
コミュニケーションをしっかりとり、お互い協力しながら、働きやすい環境を作っていきます。
また、JTBグループでは年に1回「チャレンジドサミット」を開催しています。ここでは障がいのある社員が一堂に会し、自分たちの悩みや今後のキャリアを考えるきっかけをつくっています。そこには上司や先輩社員も参加しており、共に働くための相互理解の場を持ち、皆がイキイキと働ける環境を構築しています。
聴覚障がいがありますが、どのような情報保障がありますか?
ご本人のニーズに合わせて、様々な方法があります。
・必修の集合研修には、手話通訳がつきます。
・UDトーク(音声認識アプリ)を導入しており、研修だけでなく職場毎に様々な工夫をしながら活用されています。
・「チャレンジドサポーターコミュニケーション力強化プログラム」を導入しています。
聴覚障がいのある社員と上司が受講し、どのようにコミュニケーションを取るのがいいかプログラムを通して学んでいます。

入社後の待遇について

入社後の教育制度について教えてください。
JTBグループでは、人が財産であるという考えにより、JTBユニバーシティという体系図の下、充実した研修制度をご用意しています。入社後は、全社共通の新入社員研修を東京にあるフォレスタという宿泊施設を完備した研修施設で行い、JTBグループ社員として必要な基礎知識を学びます。社会人としてのスキルアップを図るだけでなく、事業会社を超えた同期の絆が結びつきます。その後は、コース別・事業会社別にそれぞれの事業に必要な研修を行った後、配属となります。配属後は、指導社員と呼ばれる先輩社員によるOJTを中心とした育成を行います。
JTBグループの店舗って土日も営業のようですが、お休みはきちんともらえますか?
個所によって定休日が異なるため、土日に勤務をする可能性もございます。但し、どこの配属になってもシフト制により休暇を取得することになります。また、添乗業務や出張等で土日に勤務をした場合、当月内で振替休日を取得することになっています。
長期休暇はとれますか?
もちろん可能です。JTBグループの社員は旅行好きの集まり。交代で長期休暇をとって旅行している社員が多いです。仕事上、繁忙期と閑散期がはっきりしているため、オンとオフのメリハリがあるのも特徴です。
育児休職は取れますか?
もちろん取得できます。事業会社により制度の詳細は異なりますが、目安としては産前・産後の特別休暇(100日前後)に加えて会社や社員区分によって異なりますが育児休職(1年半~2年半前後)が取得可能です。
育児休職は女性のみですか?
いいえ、JTBグループでは男性の育児休職ももちろん可能です。
入社後は、入社した事業会社でしか活躍できないのでしょうか?
事業会社を超えた活躍の機会をご用意しています。人事異動による人財交流を積極的に行っており、本人の希望と適正を踏まえた人事異動により、グループ本社や所属外事業会社で働く機会がございます。また、JTBグループ人財交流共通制度を活用することで、自ら手を挙げて、別な事業会社へ出向や転籍できるチャンスも用意されています。