Local Menu

JTBグループの社会的責任活動(CSR)

ホームJTBグループの社会的責任活動(CSR)>トップメッセージ

トップメッセージ 人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会を実現

株式会社ジェイティービー代表取締役社長 橋 広行
株式会社ジェイティービー
代表取締役社長

橋 広行

100年を超える歴史の中で、JTBグループは、時代に合わせて「人々の移動と交流」を作ってまいりました。訪日外国人を増やし国益とすることを目的とした1912年の創立に始まり、戦時中のユダヤ人の輸送、戦後の大陸からの引き上げや集団就職のあっせん、そして海外旅行自由化に伴う日本の国際化への貢献など、時代の要請に応え、事業を展開する中で社会的責任を果たしてまいりました。

現在、日本国内では訪日外国人2,000万人時代を迎え、世界ではアジアを筆頭に人流が活発化するなかで、JTBグループは、旅行業を基軸とし、あらゆる交流を創造する「交流文化事業」を進めています。これは、世界各地においてJTBならではの商品・サービス・情報および仕組みを提供していく事業であり、事業パートナーと連携し、地域の方々と地域の魅力を磨き続けることで、交流の創出につなげていくことを目指しています。自然、文化、歴史や人々との出会いは、心豊かな交流へとつながり、やがて新たな文化が醸成されていきます。私たちは、事業パートナーや関係諸機関との共栄により、これらの価値を次の時代へと引き継いでいきたいと考えています。

また、JTBグループは、2014年9月、国連世界観光機関(UNWTO)が提唱する「世界観光倫理憲章」に署名しました。観光業界の責任ある一員としてこれらを推進し、業界の健全な発展と持続可能な社会の実現へとつなげてまいります。

私たちが取り組む「交流文化事業」は、人々の交流を創造することで、国や地域、人種、宗教などを超えた相互理解を進め、心豊かな社会へとつながっていくものです。それは世界平和への礎になるものと確信しています。
私たちの社会的責任は、人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献することです。2011年に、JTBグループは、「交流文化事業」を基盤に、グループの経営と行動の原点を明示した「The JTB Way」を策定しました。これを具体的な行動に移したものこそがJTBグループのCSR活動です。これからも21世紀にふさわしい企業のあり方を日々追求し、様々な事業を通じて社会に貢献してまいります。

JTBグループの経営と行動の原点The JTB Way JTBグループの経営と行動の原点The JTB Way

JTBグループ行動規範

私たちは、The JTB Wayを実践するにあたり、「公正」を重んじて行動し、社会との信頼関係を築き上げることを誓います。
具体的には次のことを実行します。

  • 1法令・社会規範を遵守し、公正で透明性のある企業活動に徹します。
  • 2お客様の立場にたって、公正な取引を行います。
  • 3事業パートナーと、公明・公正な方法で連携を深めます。
  • 4競争会社と、公正に競争します。
  • 5株主に対し、迅速・正確・公正な情報開示と
    適正な利益還元により期待に応えます。
  • 6よき企業市民として、社会の持続的発展や地球環境の保全に貢献します。
  • 7自律した社員として、責任ある行動をとり、社会に貢献します。
  • 8公平で、活力あふれる働きやすい企業風土を築きます。