ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)東北の未来>旅行を通じて福島の魅力を訴える エースJTB「八重のふるさと 福島・会津」の製作

ともに進む。あしたへつなぐ 東北と創る、未来。 TOHOKU-MIRAI 東日本大震災以降の東北の取組みや活動を紹介します。
JTBグループは、旅のチカラで人々の交流を創造し、東北の方々とともに魅力あふれる東北の未来に向け、貢献してまいります。

2013年4月1日〜9月30日

旅行を通じて福島の魅力を訴える エースJTB「八重のふるさと 福島・会津」の製作

旅行商品や店頭プロモーションを通じて、福島の魅力を関西エリアのお客様に発信

実施日時
2013年4月1日〜9月30日

関西エリアのお客様に対し、旅行商品を通して福島の魅力を訴え、観光復興につなげていく事を目的にした福島県からの受託事業です。主に西日本エリアにおいて国内の旅行商品を造成する株式会社JTB西日本国内商品事業部が、東北に営業拠点を置くJTB東北と、出版、・広告事業を担うJプロデュースと協業を行い、下記内容を実施しました。

(1)福島県に特化した国内旅行商品パンフレット「エースJTB 八重のふるさと 福島・会津」を100,000部作成
(2)2013年3月16日より2日間に渡って行われた「関西ふくしま交流フェア」において15,000名の来場者に向けてパンフレットの配布
(3)関西エリアのJTB15店舗において、2013年3月1日より1ヶ月間にわたり、福島県観光情報等のディスプレイプロモーションの実施

福島県を単独で取り上げたオリジナルのパンフレットを作り、多くの方々に発信することができました。「八重」の名前も広く知られるようになり、取組む意義があったと思います。今後も継続的に福島県の観光復興に寄与してゆきたいと思います。

  • JTB グループ本社 西日本国内商品事業部

TOPへ戻る