ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)東北の未来>JTB旅物語の人気パッケージツアー「三陸海岸大縦走3日間」が1年8ヶ月ぶりに復活

ともに進む。あしたへつなぐ 東北と創る、未来。 TOHOKU-MIRAI 東日本大震災以降の東北の取組みや活動を紹介します。
JTBグループは、旅のチカラで人々の交流を創造し、東北の方々とともに魅力あふれる東北の未来に向け、貢献してまいります。

2012年11月22日〜

JTB旅物語の人気パッケージツアー
「三陸海岸大縦走3日間」が1年8ヶ月ぶりに復活

震災後、催行を取りやめていたツアーを1年8ヶ月ぶりに復活させました。
このツアーは見どころの多い三陸沿岸部を3日間で縦走する人気のコースで、2011年3月11日震災当日にも催行されておりました。宿泊先であった「ホテル羅賀荘」の方々の対応により、参加されたお客様が無事に丘に避難できた事もあり、社としても大変思い入れの強い商品です。
震災前は年間で4,000〜5,000名のお客様に参加して頂いていた人気コースだったこともあって、復活して欲しいとの声も多く寄せられていました。

そこで復活第一弾として、2012年11月の「ホテル羅賀荘」の再開初日にホテルを貸し切り、120名(バス3台)のお客様を送客するツアーを企画。東日本大震災当日に参加されていたお客様のご参加も見られました。ホテル支配人による再オープンの挨拶時には会場が感極まる場面となり、旅行後の参加者のアンケートには非常に感動したとのお声を多く頂きました。

また、同エリアの「三陸花ホテル」(旧波板観光ホテル)の再オープンにも併せてやはりホテル貸し切りを行い、約120名(バス3台)のお客様にご参加頂きました。

実施日時
2012年11月22日、23日出発〜3日間(2泊3日)
行程
1日目
東京発(新幹線)→八戸着→八食センターにて自由昼食→種差海岸→まちなか水族館→三陸鉄道・北リアス線(久慈〜普代間乗車)→北山崎→田野畑に着。ホテル羅賀荘に宿泊
2日目
ホテル発→龍泉洞→田老地区。現地ガイドが防波堤を案内→たろう観光ホテルにてマスコミ未公開の津波映像を鑑賞→浄土ヶ浜にて昼食→海産物直売市場→蓬莱島→釜石市内着。陸中海岸ホテルに宿泊
3日目
ホテル発→三陸鉄道・南リアス線→碁石海岸→奇跡の一本松→気仙沼・お魚市場→松島→仙台発(新幹線)→大宮着→東京着。解散
  • JTBメディアリテーリング 国内旅行部

TOPへ戻る