2020年2月11日(火・祝)

立川市

ひとつ空の下!移動式プラネタリウムで星と宇宙の感動体験
〜立川クリーンアップ〜

活動日 2020年2月11日(火・祝)
活動場所 立川市
発着地 立川商工会議所 会議室
募集人数 40名
概要 立川市を舞台に、午前中は移動式プラネタリウムで宇宙の旅へご案内。宇宙から地球を見て広い宇宙を感じるほか、自分達の立ち位置を確認し、かけがえのない地球を知っていただきました。昼食後は地球を守っていく小さな一歩として、立川市のクリーンアップを立川の名所をめぐりながら行いました。楽しみながら地球環境の保全の大切さを感じることができるプログラムでした。
協力団体 あいプラネット、立川観光協会、立川まちあるき案内人、立川商工会議所
募集チラシ ダウンロード[PDF 532KB]
担当者からのメッセージ 今、SDGsを始めとして持続可能な社会の実現が模索されていますが、日常とは違う広い視野とスケールで物事を捉えることが解決の手助けをしてくれるのではないかと考えます。今回はそれを移動式プラネタリウムを使い、子どもたちに楽しく体験して欲しいと思っています。
お問い合わせ先 JTB 東京多摩支店 担当者:保科弘明 TEL:042-521-5550 休業日:土・日・祝日 営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

・移動式プラネタリウムでは、宇宙から地球を見て感動しました!360度、星でありその中の地球を見て我々は一つだと感じました。物事の訴え方、伝え方には言語だけでなくて様々な方法があると感じることができました。(10代男性)
・SDGsとは何かのレクチャーの後のプラネタリウム。この美しい地球を守らなければならない意味を感じました。今回の企画を子どもに参加させることができて良かったです。もっとたくさんの人に参加して欲しいと思います。(40代女性)
・今までのプラネタリウムより面白かったです。宇宙から地球を見るというのが良かったです!(10代女性)

協力団体の声

SDGsのお話しなど事前の講義をきちんとしていただいたことで、ドーム内部は最初から空気ができていました。とてもスムーズで一体感のあるプラネタリウムでした。いたる場面で皆様のサポートをいただき感謝申し上げます。(あいプラネット 代表取締役 野田祥代様)

大変楽しかったです。立川の街を、ファーレアートを知っていただき嬉しく思います。今後もこのような取り組みの継続をぜひお願いいたします。(たちかわまちの案内人様)

担当者の声

移動式プラネタリウムは面白い人がいるから会ってみたらどうかとお得様のお客様からご紹介をいただきました。人と人の繋がり、人と地域の繋がりの中で今回のプロジェクトを進めることができて感謝しております。「感じる」こと、「体感する」ことで自発的な行動が生まれると考えています。地球のかけがえのなさ、立川の街の素晴らしさを少しでも感じ、体感いただき、参加者それぞれの次の一歩が生まれれば大変嬉しく思います。

プログラムの様子