ホームJTBグループの社会環境活動(CSR)>JTB地球いきいきプロジェクト>プログラム活動報告

地球を元気に、人を笑顔に。JTB地球いきいきプロジェクト

  • twitter
  • facebook
  • google+

ボッチャでつながるみんなの輪!

活動日 2018年10月20日(土)
活動場所 門前仲町
概要

ボッチャは、老若男女・障がいの有無を問わずに誰もが楽しめる究極のユニバーサルスポーツです。ボールを投げたり転がしたりして点数を競う、シンプルながら頭を使う奥の深いスポーツです。このプロジェクトでは、2020東京パラリンピック強化選手をお招きして、知的な戦略、技術もご覧いただきました。ボッチャの後は、「こうとうまち美化応援隊」として越中島公園の清掃活動。越中島公園で、河川水と海水が入り混じる隅田川ならではの多様な生態系を垣間見ることができました。

協力団体 東京ボッチャ協会
お問い合わせ先

JTBデータサービス
担当者:大橋・中野(美)
TEL:03-5646-6750
休業日:土・日・祝日
営業時間:9:30〜17:30

参加者の声

ボッチャのルールがわかりやすかったので、初めてでも楽しむことができました。ボールをジャックボール(的)に近づけようと頑張りましたが、なかなか難しく奥が深いスポーツだなと思いました。また間近で選手のプレーを見ることができ、選手との交流ができたことも良かったです。
(30代女性)

協力団体の声

今回の活動を通して、老若男女、障がいの有無に関係なく、工夫次第で誰もが楽しめる、またプレイだけではなく見ている側もみんな笑顔になれるスポーツだということをお伝えできて非常に良かったです。TOKYO2020に向けて、より身近なスポーツとなるよう、参加者の皆さまのあたたかい応援を期待します。
(東京ボッチャ協会 副会長 佐藤勝枝様)

担当者の声

現在活躍中の選手達ともふれあうことができ、2020パラリンピックに向けて、とても身近にスポーツに感じることができました。ボッチャの魅力を伝えると共に、障がい者がイキイキと活躍する場を間近で見れた良い機会だったと思います。越中島公園は、江東区が環境保護に力を入れていれているため、ゴミが少ないきれいな公園でした。

プログラムの様子

一覧に戻る