人財育成

「自律創造型社員」:グループシナジーを創造する人財育成JTBグループにおいて、企業経営の原動力となるのは「人」であり「人という資産=人財」の価値を高めていくことがグループの成長に繋がると確信しています。グローバル化やボーダレス化など加速する社会の進化・変化に適応し、その中でビジネスチャンスを的確に捉えてグループを成長させていくためには、それを支える人財の育成がますます重要となります。JTBグループは、交流創造事業の確立に向けて、常にお客様の視点で思考・行動し課題解決を行うことのできる「自律創造型社員」の育成に全力を注いでいきます。

人財育成基本方針

  • 1.JTBグループにおける、求められる人財像を 「自ら課題を認識し、その解決に向けて主体的に 行動できる人財(=自律創造型社員)」と定義した上で以下の視点に沿って育成します。
    • (1)常にお客様の視点に立ち、最高の商品、最高のサービスを、誠意を持って提供する人財
    • (2)グループの一員であることを自覚し、よりグローバルな視点で各社と連携し、新たな価値を創造する社員
    • (3)市民社会の一員であることを自覚し、地球環境への配慮や社会貢献に努める人財
  • 2.「マネジメント能力」「専門性」の向上を図り、目標や情報(ノウハウ)を共有し「総合的な組織力強化」を目指します。
  • 3.グループの成長を牽引するリーダー、経営人財の育成を図ります。

JTBユニバーシティ

JTBユニバーシティは、「社員は財産」というJTBグループの象徴であり、あらゆる社員を対象とする教育体系の総称した概念です。個々の能力開発や、将来のキャリアデザインを描くのはもちろんのこと、グループの経営理念、ビジョン、戦略等を共有する機会を提供します。また、グループの一員としての一体感を醸成し、求心力を高めJTBブランド並びに企業価値の向上を図ります。教育体系は、グループ各社の業務に応じた実践的なプログラム、地域交流やグローバル、WEBといった専門分野を高めるプログラム、グループ各社の経営人財を育成するプログラムの3つのカテゴリーからなり、幅広く教育機会を提供、グループシナジーの最大化を目指します。

JTBグループについて