Local Menu

JTBグループの社会的責任活動(CSR)

ホームJTBグループの社会的責任活動(CSR)>事業パートナーとともに

事業パートナーとともにお客様の満足を超えた感動を生み出すためには、事業パートナーとの連携が不可欠です。
JTBグループは、事業パートナーと公明・公正な関係に徹し、お互いの繁栄を目指します。

お客様への姿勢・ノウハウの共有

サービスの質を高めるために、JTBグループではパートナーとの連携を強化し、
業務に対する姿勢やノウハウの共有を行っています。

サービススタンダードの共有

ノウハウを共有し、サービスレベルを向上させるために、株式会社JTBワールドバケーションズでは、自社で確立した「フロントラインお客様対応業務マニュアル」を事業パートナーと共有しています。空港斡旋、ツアーデスク、ガイド、送迎アシストといった現地フロントラインにおけるサービスの基準となる全世界共通のミニマムスタンダードを示しました。スタッフへのさらなる理解浸透を目指し、現地の言葉に翻訳されたり、各地域に見合った形にマニュアルをカスタマイズ。現場のスキルを向上させ、お客様のご満足を実現します。


現地のサービスの特性を生かすため、全世界共通の基準は統一されつつも、
内容は各地域でカスタマイズされています

技能・情報の共有で、より高品質なサービスを

事業パートナーと協力して高品質なサービスを提供するため、事業パートナー向けの講習会を実施しています。JTB国内旅行企画では、バス会社向けにマネジメント(経営層)対象の経営責任者連絡会や、バス乗務員(ガイド・ドライバー)対象の乗務員サービス講習会を実施。情報・ノウハウを共有してサービスの品質向上を推進し、貸切バスに対するお客様の信頼度・満足度に努めていきます。


乗務員サービス講習会の様子